地震保険で実際の損害額が補償されないのはなぜですか?


地震保険は、実際の損害額を補償する他の損害保険とは異なり、「地震保険に関する法律」に基づいて、

被災契約者の生活の安定に寄与することを目的としています。

地震保険は、国によって、支払保険金の確保をバックアップする仕組みが採用されており、

それでも一定の制約のもとでの補償内容にせざるを得ないのが実状です。

地震保険の契約や補償は、「地震保険に関する法律」に基づいて、次のような条件が設けられています。

火災保険契約の保険金額の30%~50%に相当する額の範囲内で契約

契約できる保険金額の限度額:建物5,000万円、家財1,000万円

2011年2月4日webya2243