建築中の住宅の火災保険は誰が契約するのですか?


建築中の住宅に対する所有権は、原則として建築業者にあり、

引渡しの時点で発注者に移転します。

したがって、建築業者が工事中の災害に備えて保険に加入しているケースが一般的のようです。

ただし、建築中の火災などでトラブルが発生しないよう、

建築請負契約の内容を確認しておくことが大切です。

なお、住宅ローンを利用して家を建てる場合には、ローン借入時(建築途中)

に火災保険への加入を求められることがあります。

2011年2月4日webya2243