生命保険の加入金額の目安は?


世帯主が死亡した場合、遺族保障のために必要な金額は、家族構成・現在の収入・資産状況・子供の年齢などによって異なります。

一般的に参考にされるのは、いざという時に必要な遺族の生活費や別途必要資金の総額から、

遺族年金・死亡退職金・預貯金などのあてにできる収入を差し引き、その不足分を必要保障額とする考え方です。

これは「必要保障額積み上げ方式」と呼ばれ、 不足分については生命保険などで準備することになります。

2011年2月4日webya2243